「白いキャンバス」は創造のはじまりであり、そこには何でも自由に描け、どんなものにでもなれる、未来への無限の可能性があるとよく例えられる。しかし、自分のベースの沖縄は果たして「 白いキャンバス 」なのだろうか?

ベースを真っ白にしようとしても、過去の黒い歴史の色がうっすら浮かぶ。その「白くないキャンバス」に向かって、何を、何で、どう、描くのか? 

人を殺して未来を終わらせる道具も、人を生かして未来をはじめる道具も、我々は、どちらも用意してきて、どちらを選んでいくことも、可能なのだ。

戦後の「びんがた」は、人を殺す道具「弾丸の薬莢」を使い未来を描いた。最悪な状況でも、そこからはじめること、明日を描くことは可能なはずだ。

2020年 6月  BASE −ココカラ、マタ、ハジメル。− @沖縄プラザハウス

ココカラハジメル 〜 アスヲエガク
ココカラハジメル 〜 アスヲエガク
ココカラハジメル 〜 アスヲエガク
ココカラハジメル 〜 アスヲエガク
ココカラハジメル・ソラ
ココカラハジメル・ウミ
ココカラハジメル・シマ
ココカラハジメル・キビバタケ
ココカラハジメル( 裏側 )
ココカラハジメル・ソラ( 裏側 )
ココカラハジメル・ウミ( 裏側 )
ココカラハジメル・シマ( 裏側 )
ココカラハジメル・キビバタケ( 裏側 )

素材:迷彩戦闘服( 米軍払下品 )/ キャンバス木枠 / 白色下地材

アスヲエガク・クレヨン(1)

素材:5.56mm弾 使用済薬莢( 米軍払下品 )/ クレヨン

  アスヲエガク・クレヨン(2)

素材:7.62mm弾 使用済薬莢( 米軍払下品 )/ クレヨン

アスヲエガク・エフデ

素材:7.62mm弾 使用済薬莢( 米軍払下品 )/ 絵筆 /  絵の具

  アスヲエガク・イロエンピツ

素材:5.56mm弾 使用済薬莢( 米軍払下品 )/  色鉛筆