志喜屋

兼業造形アーティスト

沖縄県生まれ 東京都在住

1991年  沖縄県立芸術大学 卒業

1993年  東京藝術大学大学院修士課程 修了

1996年  東京藝術大学大学院博士課程 満期退学

広告会社で、アートディレクターとしての仕事をしながら、国内や、香港、シンガポール、ロサンゼルスなどで造形アートの展覧会や表現活動を行う。

生活の中で、ありふれていて価値のない消費物として扱われるモノたちを、その役割から解放し、視点を変えて見ることで「モノの持つ新たな才能」を発見し「位相転換」を行いながら、想像もつかない造形へと変貌させる。

世の中の一般的な常識や、あふれかえった情報で判断するのではなく、そこから解放されて、その人が「もともと持っている知る力や感性」をちゃんと発見し、最大限に活かすことで、ありきたりな日常も、生き方も変化すると考える造形アーティストであり、生活においての「プチ革命家」でもある。