どんなモノゴトも、平等の価値として扱う。

どんなモノゴトも、固定観念に縛られない。

私は創造する上で「沖縄人としてのアイデンティティー」を意識している。過去の作品でも直接的ではなく婉曲的に表現してきた。それは「どんなモノゴトも、平等の価値として扱う。」ことや「どんなモノゴトも、固定観念に縛られない。」といった「沖縄的なモノゴトの捉え方」だと考えている。

過去の作品では、レディメイド(既製品)といった、作品の素材としては、あまりにも日常的でありふれたモノを、価値あるモノとして扱い、それを、固定観念に縛られない別の観点から捉え直し位相転換することで、これまでとはまったく違う、新しい造形物へと変貌させる表現を数多く行ってきた。

しかし、最近は、直接的に「沖縄をテーマ」とした表現に取り組んでいる。沖縄には日常的にあるレディメイド、「米軍放出品」を作品素材として。

ネガティブなモノを、ポジティブなモノに転換する、

沖縄の「 モノづくりのDNAと精神性 」を表現する。

 沖縄には、綺麗な海、空、島といったポジティブなイメージがある一方で、過去の戦争や「米軍基地」といったネガティブなイメージも強く存在する。それは、ここで育った自分の「基盤(ベース)」にも大きく関わっている。ネガティブなイメージを真っ白にしたくとも、過去の黒い歴史は消せない。だからと米軍基地に対しての怒りや憎しみの感情だけでは何も変わらない。

しかし、戦後の米軍統治下で物資の乏しい中、逞しく、したたかに生き残った沖縄のモノづくり文化がある。米兵の捨てたレコードをヘラに、軍用地図を型紙に、廃棄された薬莢を道具の一部として作られた「びんがた」。米兵の捨てた食品の缶を胴体に、パラシュートの紐を弦に、収容所ベッドの木を棹として作られた「カンカラ三線」。米兵の捨てたコーラやビールの瓶を再生して作られた「琉球ガラス」。

そういった、米兵の捨てたモノは、見ることさえ嫌だ思う人も多いはずだ。しかし、そのネガティブなモノを忌み嫌うことなく受け入れ、自分たちの辛さや悲しみを乗り越えるため、明日への生きる望みとしながら、ポジティブな価値あるモノに転換してきた。さらに文化にまで高めてきた。そこに、戦前から戦後へと伝統を絶やさずに繋げた「モノづくりのDNA」や沖縄が独特に持っている「モノづくりの精神性」が、あるのではないかと思っている。

例えどんな状況でも「ネガティブなモノを、ポジティブなモノに転換する」沖縄の「モノづくりの精神性」をメッセージと共に作品化して表現したい。